忍者ブログ

世界遺産学検定に一発で合格したい!社会科高校教師の究極テキスト

  資格試験を突破する秘訣は、試験に出る所だけを勉強する。テキストや問題集を、そのまま全て学習する必要はありません。要点だけを的確に覚えて、テストに臨む事が求められます。  現在私は高校の社会科の教師として働いています。自身のスキルアップの為に、世界遺産学検定に挑戦する事を決めました。仕事がら、学習内容の要点を抜き出して、まとめる事を得意としております。自身が合格の為にまとめた資料をアップしていこうと考えています。

最新記事
カテゴリー
プロフィール
HN:
真田マサオ
性別:
非公開
リンク
クリックお願いします。
とにかく楽しく学習できる
RSS
P R

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.12.15 (Fri)
Category[]

2級合格のための勉強の仕方!時間系列で考える

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

行ってはいけない世界遺産 [ 花霞和彦 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/25時点)


2級合格のための勉強の仕方!時間系列で考える

 

資格試験や受験勉強で大事な事は、試験日から逆算して、その時期にあった勉強をする。

 

 

3ヶ月以上前の時期

世界遺産を楽しんで勉強する時期、無理な暗記で勉強意欲がなくならない様にする。

 

世界遺産の中で、行った事のある場所やこれから行きたい場所について調べる。

 

世界遺産のテキストの中で、自分が興味ある箇所や世界遺産の基本的な知識を無理なく学ぶ。

 

世界遺産の数は千以上もあり、年々増えている。全てを完全に覚えるには無理がある。この時期は、教科書に出てくるレベルの有名どころを抑える程度が丁度良い。

 

 

試験日から2ヶ月から1ヶ月

世界遺産のテキストに書いてある内容を覚えられるだけ、とりあえず頭に詰め込む。

 

過去問を解いて間違ったところを覚える。

 

 

試験日1ヶ月から当日

試験に出る確率が高い所を重点に勉強する。

 

2級では具体的に、日本に関連する世界遺産と世界遺産のシステムについての部分を最低限押さえておく。

 

日本についての世界遺産は、かなり細かい部分まで出題される。テキストの太字以外の記述まで暗記する必要がある。各世界遺産の構成遺産だけでなく、その構成遺産の説明まで覚えておく事が大事になる。

 

世界遺産のシステムについても、テキストの太字だけでなく、それ以外の記述も覚えておく必要がある。

 

日本の世界遺産と世界遺産のシステム、言い換えるとこの部分は基礎的な学習になります。

 

テストに近い時期は基礎的な知識を確実に学んで身につける事が大事である。

 

これで2級対策はバッチリである。

 

PR
2017.09.27 (Wed)
Category[勉強方法]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © 真田マサオ All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.