忍者ブログ

世界遺産学検定に一発で合格したい!社会科高校教師の究極テキスト

  資格試験を突破する秘訣は、試験に出る所だけを勉強する。テキストや問題集を、そのまま全て学習する必要はありません。要点だけを的確に覚えて、テストに臨む事が求められます。  現在私は高校の社会科の教師として働いています。自身のスキルアップの為に、世界遺産学検定に挑戦する事を決めました。仕事がら、学習内容の要点を抜き出して、まとめる事を得意としております。自身が合格の為にまとめた資料をアップしていこうと考えています。

最新記事
カテゴリー
プロフィール
HN:
真田マサオ
性別:
非公開
リンク
クリックお願いします。
とにかく楽しく学習できる
RSS
P R

パリのセーヌ河岸!行ってみたい都市‐河畔に広がる2000年の歴史都市



パリのセーヌ河岸!行ってみたい都市‐河畔に広がる2000年の歴史都市

 

│ 世界遺産学検定対策

 

場所

国→フランス

 

地域→セーヌ川流域の一部

 

 

対象建造物

シャイヨー宮 エッフェル塔 グラン・パレ アンヴァリッド 

オルセー美術館 ルーヴル美術館 サント・シャペル ノートル・ダム大聖堂

 

 

内容

登録年→1991年

 

登録基準→ⅰ、 ⅱ、 ⅳ

 

遺産区分→文化遺産

 

種類→都市計画

 

 

歴史

パリは6世紀初頭フランク王国のメロヴィング朝や10世紀末カペー朝の首都になった。

 

パリ大学が築かれ、神学研究の拠点となった。

 

1345年に完成したノートル・ダム大聖堂は初期ゴシック様式の代表として有名である。

 

17世紀にルイ14世がヴェルサイユに本拠を移したが、フランス革命が勃発するとパリは政治の中心になった。その後も、パリは政治や文化の中心であり続けた。

 

ジョルジュ・オスマン→セーヌ県知事

19世紀後半の第2帝政下で、ジョルジュ・オスマンが中心となって、都市改造が実施された。

 

凱旋門が立つエトワール広場を拠点として、放射状に延びる12本の道路が設けられ、現在のパリの景観が出来上がった。

 


PR
2017.05.02 (Tue)
Category[ヨーロッパの世界遺産]
Comment(0)

シエナの歴史地区!中世ヨーロッパの街並みが残る都市‐旅好き必見

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くわしく学ぶ世界遺産300第2版 [ 世界遺産検定事務局 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/4/25時点)



シエナの歴史地区!中世ヨーロッパの街並みが残る都市‐旅好き必見

 

フィレンツェとライバルの自治都市

 

│ 世界遺産学検定対策

 

場所

国→イタリア

 

地域→シエナ

 

 

内容

登録年→1995年

 

登録基準→ⅰ、 ⅱ、 ⅳ 

 

遺産区分→文化遺産

 

分類→歴史地区と旧市街

 

 

価値

シエナはフィレンツェと競い合った自治都市として発展した。

 

中世の歴史的建造物がほぼ当時のまま残っている

 

ドゥオーモ(大聖堂)→シエナの代表的な建造物、9世紀に創建された古い聖堂の遺構(いこう)の上に立っている。

 

カンポ広場→世界で最も美しい広場と称賛され、マンジャの塔をもつゴシック様式の美しい市庁舎などが立ち並ぶ

 

 

歴史

シエナでは、12世紀に政治組織(コムーネ)が成立し、自治都市として発展した。

 

シエナはフィレンツェと商業利権や領地などをめぐってたびたび衝突した。

 

14世紀半ばに起こったペストの大流行でシエナは、最盛期に約10万人だった人口が3万5000人激減し、急速に衰退してフィレンツェに併合された。

 

 

重要語句

遺構→昔の遺跡の残存物

 

コムーネ→12世紀の市民による政治組織

 


2017.04.28 (Fri)
Category[ヨーロッパの世界遺産]
Comment(0)

サンティアゴ・デ・コンポステーラ!キリスト教の使徒ゆかりの地‐キリスト教徒必見

サンティアゴ・デ・コンポステーラ!キリスト教の使徒ゆかりの地‐キリスト教徒必見

 

キリスト教12使徒の聖ヤコブが眠る地

 

│ 世界遺産学検定対策

 

場所

→スペイン

 

位置→スペインの北西部の都市

 

都市名→サンティアゴ・デ・コンポステーラ

 

 

内容

登録年→1985年

 

登録基準→ⅰ、ⅱ、 ⅵ

 

遺産区分→文化遺産

 

種類→キリスト教(カトリック・プロテスタント)

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

聖ヤコブ→サンティアゴ・デ・コンポステーラ出身でキリスト教12使徒の1

 

ヴァティカンやエルサレムと並ぶキリスト教3大巡礼地

 

旧市街には聖ヤコブの大聖堂をはじめ、多くの聖堂が残る

 

 

歴史

9世紀初頭、この地で聖ヤコブの遺骸が発見され、聖ヤコブを祀(まつ)るための聖堂が建設された。

 

10世紀末にはイスラム勢力に支配され、聖堂が破壊されたが、レコンキスタ(国土回復運動)によって都市が奪還された。

 

その後、キリスト教の聖地として復興され、現在に至っている。

 

 

聖ヤコブを祀る大聖堂

イスラム勢力によって破壊されたが、レコンキスタ後に再建された。

 

栄光の門→大聖堂の正面門、建築家マテオの作品でロマネスク様式の傑作と言われている。

 

17世紀にはチュリゲラ様式の主祭壇(さいだん)が増築

 

チュリゲラ様式→17世紀末から18世紀にかけて広がった、豪華で繊細な装飾を施したスペイン独自のバロック様式。多くを手がけたチュリゲラ家に由来する。

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くわしく学ぶ世界遺産300第2版 [ 世界遺産検定事務局 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/4/25時点)


2017.04.21 (Fri)
Category[ヨーロッパの世界遺産]
Comment(0)

ロワール渓谷!美しい城館が立ち並ぶ絶景の世界遺産(2000年登録文化遺産)

ロワール渓谷!美しい城館が立ち並ぶ絶景の世界遺産(2000年登録文化遺産)

 

ロワール川流域に貴族たちが競って建てた城館群

シリアル・ノミネーションロワール渓谷(けいこく)一帯が世界遺産に登録

 

地域
フランス


場所ロワール川沿いのシュリー・ロワールからシャロンヌに至る200km

 

歴史
1472
年ヴァロワ朝のシャルル7世がロワールのシノン城に宮廷を移した事によって、その後、宮廷をロワールに構えるのが慣例となる。


シャンボール城

1519年にフランソワ1世が建てた ・レオナルド・ダ・ヴィンチが設計に関与

・フランス、ルネサンス様式の最高傑作

1981年に単独で世界遺産に登録、しかし、ロワール渓谷が2000年に世界遺産に登録されるとこの構成資産に含まれた。




2017.04.05 (Wed)
Category[ヨーロッパの世界遺産]
Comment(0)

リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(1983年文化遺産)‐大航海時代を感じたい人必見



リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(1983年文化遺産)‐大航海時代を感じたい人必見

 

大航海時代の栄華を今に伝える記念碑的建造物

 

│ 世界遺産学検定対策


場所
ポルトガル
地域リスボン


対象建造物
ジェロニモス修道院

マヌエル1世がエンリケ航海王子とヴァスコ・ダ・ガマの功績をたたえるとともに、航海の安全を祈願にて建てられた。マヌエル様式の美術様式。

ベレンの塔

テージョ川河口に面して立つ。インド航路開拓を記念して建造され、監視塔や水牢として利用された。

 

価値
大航海時代の先陣を切った海洋王国ポルトガルの栄華を今に伝える記念碑的建造物。


重要語句
エンリケ航海王子→15世紀、航海者を支援して、大航海時代を推進する。

ヴァスコ・ダ・ガマ→15世紀末、インドに到達し、インド航路を開発した。

マヌエル様式海に関するモチーフで装飾されたポルトガル独自の様式で、マヌエル1世が好んだ。


2017.03.19 (Sun)
Category[ヨーロッパの世界遺産]
Comment(0)
Copyright © 真田マサオ All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.